第19回食物アレルギー研究会(2019年2月17日開催)

2018年07月17日

下記の日程で開催を予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。
尚、事前の申込受付は行っておりません。ご了承の程お願い申し上げます。

開催概要

開催日

平成31年2月17日(日)

会場

※今年は都市センターホテルで開催します。お間違えのないようにお気をつけ下さい。

都市センターホテルコスモスホール
東京都千代田区平河町2
案内図はこちらから

会長

吉原 重美 (獨協医科大学 医学部 小児科 教授)

費用

参加費:会員 3,000円 一般 6,000円
抄録集:1,000円

単位

各種単位申請中

事務局

食物アレルギー研究会事務局
〒252-0392 神奈川県相模原市南区桜台18-1
国立病院機構相模原病院 臨床研究センター アレルギー性疾患研究部
TEL:042-742-8311(代表)FAX:042-742-7990
E-mail:fakenkyukai@gmail.com
担当:後藤 史子,杉崎 千鶴子

プログラム 9:30-17:30(予定)

〇午前中の特別プログラム
「食物アレルギーと管理栄養士の役割」

1.患者の保護者の立場で経験したこの20年余の食物アレルギーを取り巻く環境の変化

武田 美紀  食物アレルギー患者さんの保護者

2.管理栄養士の食物アレルギーに関する卒前・卒後教育の現状

高松 伸枝  別府大学食物栄養学部

3.専門病院での専門栄養士の育成とその役割

伊藤 浩明  あいち小児保健医療総合センター

4.行政での役割

中田 智子  栃木市教育委員会

5.食物アレルギー管理栄養士を目指して

迫 和子  日本栄養士会

〇一般演題

〇共催セミナー

柳田 紀之  国立病院機構相模原病院小児科

林 典子   湘北短期大学生活プロデュース学科

〇会長講演
「花粉関連食物アレルギー症候群について」

吉原 重美  獨協医科大学 医学部 小児科

〇午後の特別プログラム
「食物アレルギー診療の安全性向上を考える」

1.食物アレルギー診療の安全性を如何に担保するか?

海老澤 元宏  国立病院機構相模原病院臨床研究センター

2.専門施設での負荷試験の安全性の確保

松井 照明  あいち小児保健医療総合センターアレルギー科

3.クリニックで安全に負荷試験を行う工夫

黒坂 文武  くろさか小児科アレルギー科

4.経口免疫療法の安全性を如何に確保するか

永倉 顕一  国立病院機構相模原病院小児科

開催プログラム(PDF版) ・・・準備中

協賛

現在募集中