基本的な考え⽅

⾷物アレルギーの管理・治療の原則は「正しい診断に基づいた必要最⼩限の原因⾷物の除去」である。特異的IgE抗体検査または⽪膚プリックテストから原因と疑われ、除去している場合には、必要に応じてOFCを実施し、診断および⾷べられる量を確定することが重要である。重篤な誘発症状のリスクがあるなど、⾃施設でOFCを実施することが難しい場合には、積極的に専⾨の医療機関に紹介することを推奨する。