結果に影響する薬剤

  • OFCの結果に影響すると考えられる薬剤は事前に⼀定期間中⽌する(表8)。
  • 吸⼊ステロイド薬、点⿐薬、点眼薬、外⽤薬については、中⽌する必要はない。ただし、吸⼊β2受容体刺激薬および吸⼊ステロイド薬と吸⼊β2受容体刺激薬を合わせた配合剤およびβ2刺激薬の貼付剤は中⽌する。
  • アレルギー疾患に対する⽣物学的製剤(オマリズマブなど)は症状誘発の閾値を上昇させる可能性があるため、結果の解釈には注意が必要である。