社会的環境の整備

⾷物経⼝負荷試験を施⾏する医師に求められる条件

OFCでは患者に症状を誘発させるリスクを伴うため、下記の条件を満たした医師が実施すべきである。

  • ⾷物アレルギー診療に関する知識・経験を有している。
  • 患者ごとにOFCを⾏う⽬的を理解し、その適⽤および適切な⽅法を選択できる。
  • 症状誘発時の対応が⼗分に⾏える。
  • 負荷試験⾷を準備または説明できる。

実施施設の認定と保険診療

OFCは保険適応となっており、基準を満たした施設※において9歳未満の患者に、年2回に限り、1000点を算定できる(負荷試験⾷の費⽤含む)。⼊院ではDPC対象病院かどうか、基準を満たすかどうかで算定⽅法が異なる(表5)。

※⼩児⾷物経⼝負荷検査の施設基準
  1. ⼩児科を標榜している保険医療機関
  2. ⼩児⾷物アレルギーの診断及び治療の経験を10年以上有する⼩児科を担当する常勤の医師が1名以上配置されている。
  3. 急変時等の緊急事態に対応するための体制その他当該検査を⾏うための体制が整備されている。