第21回食物アレルギー研究会(2021年2月14日開催)

2020年08月17日

下記の日程で開催を予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。
尚、事前の申込受付は行っておりません。ご了承の程お願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染の状況を鑑みWeb開催に変更する可能性もございます。
ホームページ上で随時お知らせしてまいりますのでご留意ください。

開催概要

開催日

2021年2月14日(日)

会場

パシフィコ横浜アネックスホール
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
案内図はこちらから

会長

近藤 康人 (藤田医科大学 ばんたね病院 小児科 教授)

費用

参加費:会員 3,000円 一般 6,000円
抄録集:1,000円

単位

日本アレルギー学会・日本小児科学会・日本栄養士会へ申請予定

事務局

食物アレルギー研究会事務局
〒252-0392 神奈川県相模原市南区桜台18-1
国立病院機構相模原病院 臨床研究センター アレルギー性疾患研究部
TEL:042-742-8311(代表)FAX:042-742-7990
E-mail:fakenkyukai@gmail.com
担当:後藤 史子,杉崎 千鶴子

プログラム 9:30-17:30(予定)

〇午前中の特別プログラム
「食物アレルギー患者のQOL向上への取り組み」

1.加工食品のアレルギー表示の最新情報

高橋 亨 消費者庁

2.集団給食におけるアレルギー食提供の実際

野中 ひとみ シダックス株式会社

3.宿泊施設向け「アレルギー食サポートブック」

吉永 友香 大分県生活環境部

4.食物アレルギー患者向け食品開発の試み

1)ノングルテン米粉を使用した食品開発
 濱田 茂樹 弘前大学

2)アレルゲン低減ソバの開発
 佐藤 里絵 国立研究開発法人農研機構

3)低アレルゲン化魚肉エキスを利用した魚アレルギーの治療
 中島 陽一 藤田医科大学

〇会長講演
果物アレルギー診療のアップデート

近藤 康人 藤田医科大学ばんたね病院

〇一般演題

〇共催セミナー

〇午後の特別プログラム
「食物アレルギー診療ガイドライン2021」改訂に向けて

1.改訂のポイント

海老澤 元宏 国立病院機構相模原病院

2.人工栄養と食物アレルギーの発症

浦島 充佳 東京慈恵会医科大学

3.食物経口負荷試験の層別化

佐藤 さくら 国立病院機構相模原病院

4.わが国のアドレナリン自己注射剤(エピペン)処方状況

貝沼 圭吾 国立病院機構三重病院

5.成人領域の食物アレルギー

福冨 友馬 国立病院機構相模原病院

一般演題募集

締切

2020年10月31日(土)

食物アレルギーに関連する一般演題を募集しています
演題名・所属を明記の上、抄録本文600字以内で作成し、事務局宛にメールにてお送りください。
*応募資格:食物アレルギー研究会会員に限る

協賛

〈寄付〉

募集中

〈賛助会員〉

アサヒグループ食品 株式会社
石井食品 株式会社
キューピー 株式会社
サーモフィッシャーダイアグノスティック 株式会社
シダックス 株式会社
鳥居薬品 株式会社
株式会社 永谷園
日本ハム 株式会社
公益財団法人 ニッポンハム食の未来財団
株式会社 明治
一般社団法人 ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会