⾷物アレルギー患者への薬物投与

  • 乳糖は散剤の調合に⽤いられたり、各種薬剤(吸⼊薬、カプセル、錠剤、散剤、静注⽤製剤など)に添加されており、⾮常に感受性の⾼い⽜乳アレルギーの患者に対して稀に症状を誘発することがある。特に静注⽤製剤(ソル・メドロール静注⽤40mg)は注意が必要である。
  • 漢⽅薬の中には⼩⻨、ゴマ、モモ、ヤマイモ、ゼラチンなどを含むものが存在するので、注意が必要である。
  • インフルエンザワクチンは、鶏卵アレルギー患者の重症度に関わらず接種可能である。
  • 各薬物の添付⽂書情報は「医薬品医療機器情報提供ホームページ」より検索が可能である。