病診連携

  • 専⾨医への紹介のタイミングは「図4・5 ⾷物アレルギー診断のフローチャート」を参照
  • ⾃施設でOFCが実施できない場合、近隣の実施医療機関と病診連携し、積極的に患者を紹介する。「表10実施する医療機関の分類と役割」「図6実施する医療機関の選択」を参考にし、リスクのある症例は専⾨の医療機関へ紹介することが望ましい。
  • ⽇本⼩児科学会専⾨医研修施設におけるOFC実施状況は「⾷物アレルギー研究会ホームページ」で検索が可能である。