適⽤

  • 乳児を含めた⼩児〜成⼈において実施可能である。
  • OFCにより得られる患者の利益が症状誘発のリスクより⼤きいと判断できる場合に実施する。
  • 基礎疾患や合併するアレルギー疾患の症状がコントロールされている状態で実施する。