発症予防

⼀次予防は感作を予防すること、⼆次予防は感作された個体において⾷物アレルギーの発症を予防することと定義される。