リスク因子

  • ⾷物アレルギーの発症リスク因⼦として、家族歴、遺伝的素因、⽪膚バリア機能、⽇光・ビタミンDなどが報告されているが、なかでも乳児期のアトピー性⽪膚炎の存在が特に重要である。

    ⾷物アレルギー診療ガイドライン2021(案)
  • アトピー性⽪膚炎のある児は健常児と⽐較して⾷物に感作されやすい(オッズ⽐6.18)

    Tsakok T, et al. J Allergy Clin Immunol 2016;137:1071-8
  • ⽣後1〜2ヵ⽉時に湿疹を有する児は⾷物アレルギーを発症しやすい(オッズ⽐6.61)

    Shoda T, et al. J Dermatol Sci 2016; 84: 144-8