IgE依存性⾷物アレルギーの臨床型分類

⾷物アレルギーの関与する乳児アトピー性⽪膚炎

乳児アトピー性⽪膚炎に合併して認められる⾷物アレルギー。⾷物に対するIgE抗体の感作が先⾏し、⾷物が湿疹の増悪に関与する原因⾷物の摂取によって即時型症状を誘発することもある。ただし、すべての乳児アトピー性⽪膚炎に⾷物が関与しているわけではない。

即時型症状

⾷物アレルギーの最も典型的なタイプ。原因⾷物摂取後、通常2時間以内にアレルギー反応による症状を⽰すことが多い。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)

原因⾷物を摂取後に運動することによってアナフィラキシーが誘発される病態。原因⾷物摂取から2時間以内に誘発されることが多い。感冒、睡眠不⾜や疲労などのストレス、⽉経前状態、⾮ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)服⽤、アルコール摂取や⼊浴なども発症の誘発因⼦となる。

口腔アレルギー症候群(OAS)

⼝唇・⼝腔・咽頭粘膜におけるIgE抗体を介した即時型アレルギー症状を呈する病型。⾷物摂取直後から始まり、⼝唇・⼝腔・咽頭のかゆみ、咽頭違和感、⾎管浮腫などを来す。花粉-⾷物アレルギー症候群では果物や野菜の摂取によるOASを来すことが多い。

用語

耐性獲得(寛解)成⻑に伴う消化管機能と免疫学的機能の成熟などにより、⾷物アレルギー症状を呈さなくなること。